SAKUBUN・トランスコープなどAIライティングツール比較5選 各ツールの特徴・料金比較

AI
この記事は約11分で読めます。

*本ページは一部プロモーションが含まれています。

この記事はこんな人におすすめ!

・文章作成の時間を短縮したい
・どのAIライティングツールがいいか迷っている

ブログなどで文章を書かなければいけないのに、すごく時間がかかってしまって、書く手が止まってしまい、しばらく書くことを放置していたりしていませんか。

文章をわかりやすく読みやすく書くにはどうしたらいいか、ネタ・材料を調べるなど、調べる作業も大変で、文章校正を考えるのも億劫になりがちです。

また、話題の生成AIを使って作成を試してテキストを生成させたけれど、期待したほどの文章が出来上がらなかったことはないでしょうか。

そんな悩みは、これからご紹介するAIライティングツールがその悩みを解決してくれます!
生成AIの代表であるChat-GPTとの違いも比較しながら、各社のライティングツールの強み・特徴や、それぞれの料金・口コミをまとめてみました。

あなたにピッタリのライティングツールを見つけて、文章作成の悩みを解決させよう!

AIライティングツールの特徴

そもそも、ライティングツールってどんなもの?
ライティングツールは、どんな機能があるのでしょうか。

現在の一般的なライティングツールは、各ツールによって若干の強み・弱み、使用しているAIモデル・バージョンが異なりますが、大体はこの3つの機能のどれかもしくはすべてを備えていることが多いです。

キーワード挿入:指定されたキーワードを適切に文中に配置し、SEO対策強化のためのキーワード候補を提示
テキスト生成:ブログ記事やレポートなど、指定されたトピックに関する文章を自動生成
校正・推敲:文法やスペルチェックの機能を使用し、文章の一貫性や流れのチェックを行う

AIライティングツールのメリット・デメリット

メリット

ライティングツールを使用する最大のメリットは、時間の節約と、ライターへの人件費や、品質管理の費用を削減できることが最大のメリットです。

時間の節約:
AIは迅速に大量のテキストを生成できるため、コンテンツ制作にかける時間を大幅に短縮できます。
コスト削減:
ライターの人件費や品質管理の費用を削減できる可能性があります。
多様な機能:
見出しや導入文の生成、リライト、要約など、多様なライティング作業を支援します。


一つの記事に対して、時間をかけて悩みながら作成するのに比べ、最初の文章をAIライティングツールが数分で作成してくれるため、ブレインストーミングや文章構成・本文の初稿を手伝ってくれる強い味方になるといえます。

デメリット

そんな便利なライティングツールですが、基本的には補助ツール・支援ツールであることは忘れないでください。

専門性の欠如:
専門的な内容や最新情報を反映した記事の執筆には向かない場合があります。
不自然な文章:
AIが生成する文章は時に不自然になることがあり、文脈の完全な理解ができないこともあります。
ファクトチェックの必要性:
AIによる情報の精度を確認し、手動で修正や補足をする必要があることがあります。

専門的な知識を蓄えたうえで、文章を考えてくれるわけではなく、過去に学習したデータ群から文章を生成しているに過ぎないため、生成された文章はどこか、ロボットが作成した文章になりがちです。また関連する言葉をつなぎ合わせているので、正しい内容ではないこともあります。

人間が生成された文章の真偽をチェックしたり、ロボットが作成したような文章から、人間が読んで自然な文章に修正することはどうしても必要です。最終的な編集や微調整は人間の手に委ねられることが多いです。

おすすめのAIライティングツール5選

0から文章を作成する時に比べ、作業時間がかなり短縮されるため、文章作成に苦手意識を持っている人は、積極的に使っていきたいものです。

ですが、上記のメリットデメリットを考慮して、機能性、生成されるコンテンツの質、費用、対応言語、サポート体制などを調べたうえで、AIライティングツールを選択することが重要です。

効率化と品質のバランスを取りながら、自分に合ったツールを選んでみよう!

現在、AIライティングツールには多くの選択肢があり、それぞれに異なる特徴があります。
以下にいくつかのおすすめツールを紹介します。

おすすめAIライティングツール

おすすめ度    ツール名特徴
・OpenAIが開発した会話型の話題となったAIライティングツール
・自然で人間らしいレスポンスを提供
★★★・日本語に特化したAIライティングツール
・文章生成やリライト、要約などの機能がある
・競合調査記事の作成が可能
★★・キャッチーなコンテンツ作成に特化しており、特にタイトルや見出し、SNS投稿など短い文章でインパクトを与える文章作成が可能
・マーケティング分析ができる
★★★★・SEO対策を強味とするAIライティングツール、GPT-4turboを活用
・URLや画像ファイルの情報をもとに文章の作成・音声からの文字起こしが可能
★★・GPT-4turboを活用
・SEOに特化したテンプレートが用意されている
・周辺キーワード・基本キーワードの作成や潜在ニーズをもとにしたペルソナ生成が可能
・AIモデルをカスタマイズできる


これらのツールは、それぞれ異なるニーズに応じて設計されています。自分の目的や好みに合わせて選んでみましょう。

ここからは、具体的な機能や料金体系についてまとめてみました。

ChatGPT 

校正推敲 テキスト生成

ChatGPTがおすすめの人

・作成したい文章構成がすでに整理されている人
・対話形式で、アイディアを具体化するのが苦ではない人
・プロンプト作成が得意な人

ChatGPTは、OpenAIが2022年に公開した人工知能チャットボットであり、生成AIの一種です。GPT-3ファミリーの大規模な言語モデルに基づいて構築されており、教師あり学習と強化学習の両方の手法を使用して転移学習されています。

テキスト生成・校正推敲
ChatGPTは、OpenAIが2022年に公開した人工知能チャットボットであり、生成AIの一種です。

GPTファミリーの大規模な言語モデルに基づいて構築されており、教師あり学習と強化学習の両方の手法を使用して転移学習されたモデルを使用しています。

#メニューLLM学習済データ料金備考
1ChatGPT無料版GPT-3.52022年1月までUSD $0/monthPC, iOS, および Androidからのアクセス
2ChatGPT‐PlusGPT-4
( 実質 GPT-4 Trubo)
2023年4月までUSD $20/month以下が追加で使用可能
DALL·E,
Browsing,
Advanced Data Analysisなど

注意点;一見自然に見えるが事実とは異なる回答を生成することもあるため、注意が必要です。個人情報や機密情報の入力には注意が必要です。また、入力したデータは、学習データに利用されることから情報の取り扱いに注意する必要があります。

SAKUBUN 

キーワード挿入 校正推敲 テキスト生成

SAKUBUNがおすすめの人

・SEO対策を行いながら文章作成を行いたい人
・SEOに特化した文章テンプレートを使用して、記事作成を効率化したい人
・文章構成を考えるのが苦手な人

SAKUBUNは、NOVEL株式会社が2023年にリリースしたAIライティングツールで、豊富なテンプレートを活用して高品質なテキストを生成できます。

100以上のテンプレートが用意されており、ブログ・広告・動画など様々なジャンルの用途に合わせたテキスト作成に対応している。また、テキスト生成時にあらかじめ作成しておいた、ペルソナや文章トーンに合わせて文章を作成してくれる。生成に係る時間は約10秒ほどのため、

また、文章生成だけでなく、アイキャッチ画像の作成も可能で、DALL・Eを使用して、アイキャッチ画像を作成してくれる。文章だけでなく、画像作成も一つのツールで作成できるのは、複数のツールを使い分けながらブログを作成する人にとって、かなり便利だと感じました。

また、文章を作成して終わりではなく、Wordpressへの連携も可能で、貼り付けたい場所をURLで指定すれば、生成した記事をアップしてくれる機能は、ちょっとした作業ですが、かなり時間短縮に貢献できる機能かと思います。

メリット:
競合調査モードがあり、戦いたいキーワードで競合サイトの順位やどのようなキーワードを使用しているかをあらかじめ調べて、文章を作成してくれます。Web上位記事の見出しを一覧で表示したり、上位記事の文字数、使用されているキーワードの分析を行ってくれます。こちらは無制限ではなくプラン毎に調査できる記事数の上限があります。

・生成文字数あたりのコスト割安
・独自のエディター機能
・プロジェクト管理機能
・チームで編集できるワークスペース機能

デメリット:
個人利用での7日間無料トライアルや無料プランがないため、使い勝手を試すことができない。

#プラン名LLM料金競合調査記事作成生成ツールAIエディター・ペルソナ設定同時接続
(/ユーザー数)
WordPress連携備考
1StandardGPT-3.5:無制限
GPT-4:毎月10万文字まで
¥9,800/月30記事分100以上無制限3ユーザーサポートあり
2ProGPT-3.5:無制限
GPT-4:毎月30万文字
¥29,800/月100記事分100以上無制限10ユーザーサポートあり

Transcope

キーワード挿入 校正推敲 テキスト生成 文字起こし

Transcopeがおすすめの人

・SEO対策を行いながら文章作成を行いたい人
・最新の生成AIモデルが搭載されたツールを使いたい
・URLや画像からの情報をもとに文章を作成を行いたい

シェアモル株式会社が運営するAIライティングツールです。もともとシャアモルに出店している企業からの要望で開発されました。SEOに最適化しており短時間で文章を自動作成します。このツールで使用しているAIモデルは、OpenAI社のGPT-4を活用しており、制度の高い日本語の文章を短時間で生成します。

Transcopeは、SEO対策の機能を多く用意しているAIライティングツールです。
テキスト生成のパターンは、フリーテキスト・画像データからの文章生成・Google検索キーワードからの文章生成・指定URLからの文章生成から選択して、生成することが可能です。
生成中は、バックグラウンドで文章を生成するため、生成作業中でも次のタスクを進めることができます。

また、面白い機能として、Search Consoleのように、保存したWebサイトの検索順位 ・検索キーワードのGoogle全体での月間検索数指定したページおよび下位ページの推定アクセス数をTranscope上で調べる機能があります。

キーワード検索では、キーワード・URLを指定する方法以外に、Search Consoleを利用したキーワード選定を行うことが可能です。

TranscopeHPより引用
TranscopeHPより引用


また、音声による文字起こしもでき、音声ファイルをアップロードするか、その場で録音したものを使用したりYou Tube音源からの文字起こしも可能です。

日本語に完全対応しています。操作やサポートも日本語で行えるため、不明点があっても気軽に問い合わせることが可能です。

メリット:
・既存で作成済みのコンテンツをTranscopeに貼り付け、戦いたいキーワードを入力すると、既存の文章を、共起語などを含んだSEOに強い文章にリライトしてくれる。
・また、誤字脱字チェックのほか、コピーコンテンツになっていないか、薬事法に抵触していないかを自動判定してくれる。
・小規模事業者向けではありますが、IT導入補助金の対象ツール対象ソフトウェア に認定されており、最大50%の補助の対象ソフトウエアになっています。
IT導入補助金

デメリット
Basicプランで生成できる文字数が5万文字と少ない

#プラン名LLM料金競合分析生成文字数
(文字数/月)
キーワード選定同時接続
(/ユーザー数)
WordPress連携SerchConsole連携備考
1FreeGPT-4¥0/月3回まで4,0003回まで生成文字数で課金のため無制限日本語でのサポートあり
2BasicGPT-4¥11,000/月無制限50,000無制限生成文字数で課金のため無制限日本語でのサポートあり
3ProGPT-4¥38,500/月無制限250,000無制限生成文字数で課金のため無制限日本語でのサポートあり

Transcopeの公式サイトはこちらのボタンからアクセスできます。

Catchy

キーワード挿入 校正推敲 テキスト生成 フレームワーク分析

Catchyがおすすめの人

・SEO対策を行いながら文章作成を行いたいが、費用は安く抑えたい
・Youtube企画などのアイディアから構成まで順を追って検討したい。
・なぜなぜ分析などマーケティング分析を簡単に行いたい。

株式会社デジタルレシピが運営する、AIライティングアシスタントツールです。キャッチーで効果的な広告、資料、メールで使える文章をAIが提案してくれます。

記事作成や文章作成に特化したテンプレートが140種類を超えるパターンが用意されている。どのテンプレートも各プランのクレジット範囲内で自由に使用することができる。特に、なぜなぜ分析やQuestモデル・AIDAモデルなど、マーケティング分析用のテンプレートがあるのが最大の特徴。

#プラン名LLM料金生成クレジット(/月)競合分析キーワード選定同時接続
(/ユーザー数)
WordPress連携備考
1FreeGPT-3.5¥0/月10なし1アカウントにつき1人× ・生成文字数による制限はなし
・日本語サポート
2StarterGPT-3.5¥3,000/月100~300なし1アカウント1人×・生成文字数による制限はなし
・日本語サポート
3ProGPT-3.5¥9,800/月無制限なし1アカウント1人×・生成文字数による制限はなし
・日本語サポート

メリット:
・ワークフローに従って文章の指定を行うため、ブレストから伴奏するかのうのように順を追って、手テキストを作成できるようになっている。(記事制作ワークフロー・Youtube 動画作成向けワークフロー(企画アイディア)事業計画ワークフロー、プレスリリースワークフロー)

以下は、記事制作・マーケティングのカテゴリで用意されているテンプレートと使用クレジット数をピックアップしてまとめてみました。

#生成ツールカテゴリ説明使用クレジット(/月)
1文章リライト記事制作500文字までの文章を書き換え・パターン別に書き換え
1~7
2記事の本文記事制作与えられたタイトル・導入文・見出しに基づいて1200~1500文字程度本文を作成2~4
3記事タイトル記事制作記事タイトルを生成1
4記事導入文記事制作導入文を2つ生成2
5記事の見出し記事制作見出しを4つ生成1
6記事の結論記事制作記事の結論を生成1
7メタディスクリプション記事制作Webサイトのメタディスクリプション作成1
8キーワードから文章生成記事制作入力したキーワードをベースに文章を生成3
9関連ワードを見つける記事制作特定のトピックに関するキーワードを見つける1
10ターゲットの課題マーケティングターゲットが抱える加地を生成1
11ターゲット像生成マーケティングサービスのターゲットユーザーを生成1
12AIDAモデルマーケティング注意・興味・欲求・行動に基づいたマーケティングコピーを生成1
134P に基づいたマーケティングコピーマーケティングProblem, Promise, Proof, Proposalに基づいたマーケティングコピー1

クレジットはその月のクレジットを消費してしまっても翌月復活するため、時間を味方につければ、文字制限なしに文章生成や各種分析結果を生成できることは、このツールのメリットかと思います。

デメリット:
・ユーザーの利用が想定されておらず、1アカウントにつき一人のみ接続可能となっている。
・AIモデルが、GPT-3.5 のため、GPT-4に比べ生成能力劣るため、略語は正式な名称に直したり、固有名詞には、追加の補足説明文を追加したりする必要がある。
・複数名使用のチームプランや割引プランはご提供なし

Catchyの使い方を詳しく説明したページもございます。以下の記事も参考にしてみてください。

Rakurin

キーワード挿入 校正推敲 テキスト生成

Rakurin(ラクリン)がおすすめの人

・SEO対策を行いながら文章作成を行いたいが、費用は安く抑えたい
・最先端生成AIモデルが搭載されたツールを使用したい
・AIモデルをカスタマイズしたい

RakuRinは、ブログなどの記事作成に特化したAIライティングツールで、OpenAIが開発した最先端の言語モデルGPT-4 Turboを搭載しています。


記事作成に必要なタイトル・リード文・見出し・本文の作成を、必要な情報やキーワードを入力するだけで読みやすい文章を瞬時に作成してくれます。面白い機能として、参照情報を用いた本文作成や、ユーザーやブランドに特化した文章生成ができるように、AIモデルを事前学習でカスタマイズすることができます。
誤字脱字チェック FAQ構造化 ・プロコン構造化などの文章生成も得意です。

#プラン名LLM料金記事作成上限(/月)生成文字数
(トークン/月)
キーワード選定同時接続
(/ユーザー数)
WordPress連携SerchConsole連携備考
1フリーGPT-4 Turbo¥0/月1記事20,000なし生成文字数で課金のため無制限なしなし日本語でのサポートあり
2シルバーGPT-4 Turbo¥4,980/月10記事200,000なし生成文字数で課金のため無制限なしなし日本語でのサポートあり
3ゴールドGPT-4 Turbo¥9,980/月30記事600,000なし生成文字数で課金のため無制限なしなし日本語でのサポートあり
4プラチナGPT-4 Turbo¥29,980/月100記事2,000,000なし生成文字数で課金のため無制限なしなし日本語でのサポートあり

メリット:
・事前学習でチューニングが可能
 ユーザーが提供するデータを基に、AIモデルを事前学習させることができます。ユーザーやブランドに特化した文章生成が可能です。
アカウントの共有ができる:
 複数のユーザーがアカウントを共有できる機能を提供しています。チームでのコンテンツ制作に便利です。

デメリット:
・文字制限がトークン*という単位で決められており、使用文字数の推移がわかりずらい。
 *GPTにリクエストを投げた文字数と帰ってきた文字数で消費されるポイント(日本語だと1,000トークンで約700文字の作成)
・WordPress連携など外部接続がない。

RakuRinの公式サイトはこちらからアクセスできます。

まとめ

5つのAIライティングツールを比較してみました。同じような機能もあれば、ツール独自の機能もあり、多くのツールは無料で試用できるプランを提供しているので、実際に使ってみて自分の目的に合ったものを見つけてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました